お子様の治療(小児歯科)

当院では虫歯が出来てから治すよりも、 虫歯が出来ないように、丈夫で健康な歯をつくる予防処置 も致しております。

歯磨き嫌いにしないために

歯磨きが嫌いなお子さん、意外と多いようです。中には歯ブラシを見せただけで、逃げ出したり、泣き出すお子さんもいます。泣き叫ぶお子さんの手や足を、押さえつけながら磨いているというママ達も、少なくないようです。 ですが、これは逆効果です。ますます歯磨きが嫌いになってしまいます。 そんな歯磨き嫌いをなおす攻略法をお知らせします。

初めての歯磨きがポイント!

赤ちゃんのお口や歯は、とても小さくて感覚は敏感。ですから、生まれた時からお口のケアを心がけ、親子で慣れることが歯磨きへの第一歩です。 最初の乳歯が生える前から、おっぱいやミルクの後にガーゼをママの小指に巻いて、やさしく口の中をぬぐってあげましょう。一緒にお風呂に入ったときに行うのもおすすめです。 普段から赤ちゃんの歯ぐきや唇を指で触れることで、赤ちゃんはその感覚に慣れ、ママも怖さを感じなくなり、お互いのトレーニングになります。

絵本で楽しく!

歯磨きを身近に感じてもらうために、絵本を一緒に読んで楽しいイメージを作るのも効果的です。日頃から歯磨きに慣れしたんでいると、抵抗が少なくなります。 「歯磨きが楽しくなる本」「虫歯を怖がらせる本」「歯医者が少し楽しくなる本」など色々あります。お子さんにあわせて選んであげて下さい。

テレビや音楽にあわせて!

踊りたくなるような楽しい曲や、お気に入りの音楽にあわせて磨くのも良いようです。子供は、他の子供がやっている事に興味津々です。 また、負けず嫌いなところもあります。他の子供の歯磨きを見ることで、「自分もできる」という対抗意識や、「お友達と一緒」だと楽しく磨けるなど、歯磨きをする習慣をつけていきましょう。 あくまでも楽しく磨ける環境を作ってあげることが大切です。

ほめてあげて!

「がんばってお口を開けられたね。」「大きなあ~んができたね。」「泣かないでいられたね。」「自分で歯磨きできたね。」など、昨日よりも少しでも上手にできたら、思い切りほめてあげて下さい。 大人から見ると小さなことでも、子供にとっては大きな進歩です。ほめてあげることで、少しずつ自信につながり、歯磨きが好きになっていくでしょう。

歯磨きタイムをスキンシップの時間に!

時には、歯磨きごっこをしてみてはいかがですか?はじめは、それぞれ自分で歯磨きをします。その後、交代しながら仕上げ磨きをします。歯磨き自体を親子の楽しい遊びにしてしまいましょう。 子供は、意外と使命感を感じ、張り切って磨いてくれるようです。「今度は交代ね」とお子さんの歯を磨く時、磨いてあげたという満足感からか、すんなりとお口を開けて磨かせてくれる場合が多いようです。 歯磨きタイムは、親子が向き合い、触れ合う良い機会です。抱っこしたり、ひざの上に乗せたり、お子さんが喜ぶ方法ややり方を工夫しながら、楽しくスキンシップして下さいね。

※治療終了後は、3ヶ月・6ヶ月に1回定期健診にて、予防管理をおすすめしております。 当院は田川で痛くなく怖くない歯医者を目指しています、お気軽にご相談ください。

<< 前のページに戻る