歯を失いお困りの方

歯周病や虫歯、けがなどの原因で永久歯を失われた場合、次の2つの治療方法により失った歯を補います。

治療方法

①ブリッジによる方法

失った両隣の歯を削って土台を作り、橋(ブリッジ)を架けるように金属やかぶせ物でつなぐ治療方法です。

【利 点】 固定式なので装着している違和感が少ない。 自分の歯に近い感覚で噛むことができます。
【留意点】 両隣の歯を削らなければならない。 抜けた歯が多いとブリッジができない場合があります。
【費 用】 保険診療と自費診療で金額が異なります。

②部分入れ歯(義歯)による方法

【利 点】 ブリッジではできない多数歯の欠損まで、幅広く有効です。 取り外すことができます。 ひっ掛けるタイプ、かぶせるタイプ、マグネットタイプなどのタイプがあります。
【留意点】 装着時の違和感が強いので、慣れるまでに時間がかかります。 噛む力が、健康な歯に比べかなり劣ります。

※これらの治療方法にはそれぞれ利点や留意点がございます。
当院では、患者さんの口腔内状態を的確に問診し、予算や期間なども含めて最善の治療方針をご提案いたします。 事前に問診を行い予算や治療にかかる期間をわかりやすくご案内いたします。

<< 前のページに戻る